読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強みを知る

マーケティング 強みを活かす マネジメント

f:id:moku358:20161116082321j:plain

 

もし仮に運動神経が決していいとは言えない友達から、「サラリーマンはもう嫌だから、辞めてプロスポーツ選手として食っていきたい!」と相談してきたら...アナタはどんなアドバイスをする?

 

「向いてないから辞めたほうがいい!」とはっきり言ってあげる?

 

まあ100%絶対に無理っていうことはできないかもしれないけど、少なくとも「他に選択肢ないの?」って考えるのが普通じゃないかな。その友達にはスポーツの才能がなく、成功確率が低いわけだから。

 

実は僕ら起業家の多くはこれと同じようなことをして、自分から不利な戦いに飛び込んでしまっていることがよくある。

 

例えば、ネットを検索すると、◯◯起業法、●●戦略、みたいなノウハウが溢れていて、それらは魅力的に見えるし、その方法を教えている本人はそのやり方でうまくいっている。

 

でも、実際にそのビジネスや起業法が「アナタに向いているか?」「アナタの強みや才能を活かせるか?」はもっと根本的な問題...

 

運動が苦手な人がプロスポーツ選手になるのが向いていないように、文章を書くのが苦手な人は、コピーライティングが成功のカギを握るようなビジネスは向いてないかもしれないわけ。パソコンが苦手な人は、そもそもネットのビジネスは向いていないかもしれない。

 

強みや才能を活かしたビジネスとは?

 

f:id:moku358:20161116082407j:plain

 

ある成功した家庭教師の話をするね。

 

彼女は成績は悪くはなかったものの、家庭の経済的な事情で短大に進んだため、最終学歴は「短大卒」。当然だけど、あえて短大の女の子に家庭教師を頼むような人はあまりいない。

 

しかもその地域は教育熱心なエリアだったため、同じ商圏には有名な塾とか有名大学の学生を派遣している家庭教師の会社がいくつもあった。

 

そんな状況で、同業者の塾をマネして、たくさんの広告を出したりウェブサイトの内容を充実させたりしても、うまくいく可能性は低い。

 

でも彼女は自分の強みを知っていた。

 

それは面倒見のいい性格と、短大卒で「苦労しているから弱い人の気持ちがわかる」「勉強できない子の気持ちがわかる」ということ。そのため彼女は自分の強みに集中したビジネスを構築する。

 

「偏差値40以下の中学生だけを教える家庭教師」

 

知名度や先生の質、マーケティング力などなど、競合の売りや強み、競合と同じ「軸」で勝負すると非常にキツイ戦いになるわけだけど、彼女が選んだビジネスは「楽勝」だった。

 

彼女は勉強ができないけど、せめて高校くらいは卒業させておきたい、しておきたい、って考える親とその子供達のニーズにぴったりフィットしていたわけ。

 

しかも彼女は「高校に無事に合格できたら特別ボーナスをいただく」という成果報酬型の契約を結んだことから、高い収益を得られることができた。

 

また別の、ある高校の英語教師の例では...

 

彼は偏差値の低い高校生に英語を教えるという仕事の将来性に疑問を感じ、学校を辞めてビジネス英語教師のビジネスをスタートした。が、今まで公務員だった彼は日本人ビジネスマンとのビジネスの会話ができず、経営はうまくいかなかった。

 

しかも高校生に教えるなら彼の英語のレベルは非常に高かったけど、ビジネス英語としては中途半端...

 

でもある時、彼は自分の強みを見つけ、それに合ったビジネスをスタートしたら大成功しました。

 

それは、外国人向けの日本語教師

 

英語圏の国々から仕事で日本にやってくるひとたちの妻や家庭を相手に、英語で日本語を教えるビジネスをスタートしたのです。英語ネイティブの人に日本語を教える教師としては彼の「強み」はぴったりだったわけ。

 

こんな風に、アナタの強みや才能がわかれば、ビジネスで成功するのはずいぶん「楽」になる。

 

でも...アナタは間違った方法でビジネスをスタートしていないだろうか?

 

もしアナタが自分の強みや才能が「何なのかを知って」それを活かすビジネスを選んでいないとしたら...それは残念ながら間違った方法でビジネスをスタートしているということになる。

 

そしてこれが、アナタがパソコンの画面の前で時間を無駄にする原因になったり...

アナタのビジネスが安定しない原因になったり...

将来に対して漠然とした不安を感じてしまう原因になったりしているわけ。

 

やってもやってもほんの少ししか前に進まない。イライラしてストレスがかかる。おもしろくないからやる気はどんどん下がってしまう。

 

しかも、もっと稼ぐには、もっと働かないといけない...

 

「マネジメントの父」ピーター・ドラッカーはこう言っています。

 

「何かを成し遂げるのは、強みによってである。弱みによって何かを行うことはできない」

「大半の人は、自分の強みを知らない。彼らに聞いてみると、ポカーンとするか、自分の知っている知識を答える。それは間違った答えである」

 

アナタは自分の強みを知ってる?

 

f:id:moku358:20161116082458j:plain

 

一般的に言って、どんな分野の成功者であっても、彼らが全てのことをうまくこなせるってことはあり得ない。

 

通常、どんな成功者であっても、大きな弱みは持っているもの。言い換えれば、彼らは若い頃から、弱い部分を無視して、強みをさらに成長させることに力を入れてきたわけ。

 

強み=自分が信じられないほど上手に、簡単に、いつでも行えること、と言われていて強みの特徴や定義は下記の通り。

 

強みの特徴:

・得意であり、他人も気がついている

・それをやることが楽しい

・それをやるときイキイキする

・それを継続的に向上させている

・それをやっているとき、フロー状態になる

 

強みの定義:

才能...生まれ持ったか、3歳以下の時に発達させた特殊な能力。思考方法や感情や行動など。

教育...アナタが物事を吸収するために用意された情報。

経験...人生を通じて学んだこと。または観察によって得たもの。

技術...アナタがより簡単に学ぶための、専門家によるステップバイステップの指導。

 

これらが組み合わさったものがアナタの強みとなる。

 

アナタの才能はアナタの強みの基盤。

 

何かで卓越するには、まずそれについて生まれ持った才能、生まれ持った基礎が必要になる。もちろん基礎があっても、教育を受けたり、経験したり、トレーニングしたり、といったことは必要になる。それによって才能が強みに変わっていく。

 

これらの要素が合わさって初めて、アナタは強みを持つことができる。

 

心配しないでも大丈夫。

 

僕らはみんな、何らかの強みを持っているから。圧倒的多数の人たちは、単にそれが何かを言い表せないだけ。

 

自分の強みを知る方法

 

アナタが成功するビジネスを作るとき、まず最初に最も大きな壁にぶつかることになる。その壁っていうのが、これまでに話した自分自身の強みがどこにあるかを見極めること。

 

僕らは自分の弱みを直すことに力傾けすぎていて、強みに関してはあんまり考えようとしない。僕らはいつも弱みばかりにフォーカスして「もしこれが得意だったらこんな風にできるのに」って考えてしまう。

 

こんな風に僕らは強みよりも弱みに焦点を当てることによって、自分たちに制限をかけている。

 

まずは自分の強みを見極めよう。そのためにエクササイズを紹介します。紙を出して書き出してみてほしい。

 

ーーーーーーーーーー

 

1:振り返ってみて、アナタがとても早くできたことは何かを考えてみよう。マワ地の人たちよりとても早くできたこと、とても早く理解できたことは何だろう?

 

2:何人かの人が、同じタイプの質問やアドバイスを求めに来たことはなかっただろうか?それはどんな分野?

 

3:たくさんの人が、アナタに助けを求めてくるものは何?

 

4:アナタがやっていて最も生産性が上がることは何?

 

5:どんな活動が、簡単にそして事前にできる?

 

6:人生の中で、人がアナタを褒めてくれたのは何について?

 

7:子供の頃に好きだった活動は何?友達よりうまくできたことは?

 

ーーーーーーーーーー

 

自分自身の強みを発見して、幸せで成功したビジネスを作っていこう!

 

 

もくだいたくや

 

 

ほぼ日刊メルマガの登録はこちら

広告を非表示にする